AGA(男性型脱毛症)

主に男性に現れる「抜け毛」の症状で、頭頂部の薄毛や生え際が後退したりしていきます。

AGAに関しては医学的にまだ解明されていない部分も多々あり、環境や遺伝など色々な要素が重なっていますが、現在AGAの原因として解明されている要素の一つは、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の作用となっています。
この男性ホルモンのDHTは、「5αーリダクターゼ」という酵素が、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの一種を変換して、生成される物質です。

このDHTこそがAGAにおける脱毛因子の一つとされ、AGAの症状は血中のDHT濃度が高くなればなるほど、どんどん進行していきます。

5αーリダクターゼの分泌量は個人によって差があり、「遺伝によって受け継がれている」という事から、患者様の直系の身内の方の中にAGA患者がいると、ご自身もAGAになりやすいといった傾向があります。
プロペシア(主成分フィナステリド)は、FDA(アメリカ食品医療薬品局)から正式にAGA治療薬として承認された薬で、日本では2005年に厚生労働省に認可された薬です。

フィナステリドは脱毛因子DHTそのものの生成を食い止める効果があります。 これはテストステロンをDHTに変換させる酵素5αーリダクターゼを阻害出来るからです。

プロペシア

プロペシアは錠剤タイプの内服薬で、フィナステリドを1錠あたり0.2mgあるいは1mg含有しているものがあります。
当院では1mgのものを採用しております。

1日1回1錠内服してください。

個人差はありますが、約2~3ヶ月すると産毛が生えてきた、抜け毛が減ったなど自覚される方もみえます。

まずは6ヶ月内服していただきます。

副作用

肝臓の機能障害、発疹など一般的な薬と同等の頻度でありますが、勃起力の低下、性欲減退を認めることがあります。

料金

初診料 2,060円 薬代1ヶ月(28日分) 7,200円 →初診時は計9,260円
再診料 1,030円 薬代1ヶ月(28日分) 7,200円  →再診時は計8,230円
※最初の3ヵ月は1ヶ月処方ですが、4ヵ月目(4回目の処方)からは、2~3ヶ月処方が可能です。

ザガーロ

プロペシア同様、男性における男性型脱毛症に効果を発揮します。

特に期待できる効果としては、脱毛部位(頭頂部および前頭部)に太く長い毛の本数が増えることです。プロペシアよりも効果が高く、およそ1.6倍の効果を実感できると言われています。

効果を実感できるまでは6ヶ月かかりますので、その間ザガーロを服用していただきます。発毛効果が出たあとに服用を中断すると、髪の毛が再び服用前の状態に戻ってしまいますので、当院での方針通りに服用をお願い致します。

副作用

肝臓の機能障害、発疹など一般的な薬と同等の頻度でありますが、勃起力の低下、性欲減退を認めることがあります。

料金

初診料 2,060円 薬代1ヶ月(30日分) 9,000円 →初診時は計11,060円
再診料 1,030円 薬代1ヶ月(30日分) 9,000円  →再診時は計10,030円
※最初の3ヵ月は1ヶ月処方ですが、4ヵ月目(4回目の処方)からは、2~3ヶ月処方が可能です。

アイスポット 男性の患者さまへ 費用について