単純疱疹(口唇ヘルペス)

乳幼児の頃「単純ヘルペスウイルス」に感染し、その後、体の抵抗力が弱まった時に口や陰部に水疱を作ります。こちらも一度体内に入ったら完全に駆除するのは難しいため、疲労、ストレス、風邪、直射日光などを避け、症状が出ないようにすることが大切です。もし症状が出てきたら早めに薬を飲むようにしましょう。場合によっては水疱ができる前にかゆみやピリピリした感じが出ることがあります。また、感染拡大を防ぐために、患部は触らないようにし、よく手を洗うようにしてください。

アイスポット 男性の患者さまへ 費用について