イボ(尋常性疣贅)

イボは医学用語で“疣贅(ゆうぜい)”と言い、その原因の大半はウイルスの感染によるものです。尋常性疣贅は、子供に多く見られる“イボ”で、小さい傷口などから感染し肘・膝部分や手足の末端部に発生し易い特徴があります。最初は表面光沢のある皮膚色の皮疹で、増大すると 、表面が粗くなって灰白色になってきます。削ると容易に出血します。
子供 には基本的に魚の目はできませんので、足底のウオの目と思われているものはほとんどが疣贅です。治療は、液体窒素による冷凍凝固法やサリチル酸絆創膏の貼付、漢方薬(ヨクイニン)により治療します。

アイスポット 男性の患者さまへ 費用について