とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、黄色ブドウ球菌と連鎖球菌が感染することによって、小さい水疱ができる病気です。その名の通り「飛び火」するようにあちこちに広がっていくのが特徴で、特に発症しやすいのは、鼻、背中とお腹、手足です。水泡が破れやすく、中から出てきた汁に触れると感染しますので、気をつけるようにしましょう。特に、7月から9月くらいの夏は、あせも、湿疹、虫刺され、引っかき傷、すり傷などによってとびひができやすい傾向にあります。

アイスポット 男性の患者さまへ 費用について