水虫、爪水虫

水虫とは、糸状菌というカビ(白癬菌)が皮膚の角層に発育していることをいいます。普通は、足のゆびの間や足の裏の皮が剥けるたり、水泡が出来たりします。かゆみを伴うことも多いのですが約半数の人はありません。放っておくと他の場所、例えば、顔・頭・爪などに移ります。家族にも。爪水虫は、白癬菌が爪に入り込み、爪の変形、肥厚、白濁したりします。確定には、顕微鏡での目で確認か培養して確認する必要があります。
抗真菌剤の外用薬にて治療しますが、爪水虫には、飲み薬の治療が有効です。

アイスポット 男性の患者さまへ 費用について