巻き爪矯正

VHO式巻き爪矯正法

VHO式巻き爪矯正法は、できるだけ爪の根本に加工したワイヤーを、爪の両側に引っ掛けて、爪の中心で締め上げて、爪の両側を広げる方法です。
約2~4ヶ月間隔で入れ替えが必要です。施術時に痛みはありません。

>>詳しくはこちらをご確認下さい。

超弾性ワイヤー矯正法(マチワイヤー)

超弾性ワイヤー矯正法は、爪の先に穴を開けそこに弾性ワイヤーを挿入して巻き爪を矯正する方法です。

弾性ワイヤーはまっすぐになろうとするので、挿入すると爪の両端がいつも外側に開くように力が加わっているため、徐々に巻き爪が矯正されていきます。
施術時に痛みはありません。

>>詳しくはこちらをご確認下さい。

アイスポット 男性の患者さまへ 費用について